top 

マインドフルネス心理相談員、マインドフルネス瞑想療法士の倫理

◆「安心して自己洞察瞑想療法(SIMT)を提供するカウンセラー」はずっと下に記載しています。

基本方針


安心して自己洞察瞑想療法(SIMT)を提供するカウンセラー

当研究所のカウンセラー講座(自己洞察瞑想療法=SIMT)を受けて全国で活躍されている方が増えてきました。マインドフルネス心理療法は種々の流派がありますが、共通はマインドフルネス、アクセプタンスのエクササイズ、メタファー、もう一つの自己概念です。 ただし、マインドフルネスの流派によって、問題探求の深さや適用症が違っています。
 この自己洞察瞑想療法(SIMT) を推進する人の集まりを作り、ホームページに掲載することを構想しています。一定の条件を守ることを約束するカウンセラーのあつまりということです。その条件は、上記の基本方針を参考にして、当初の参加予定者と協議して条件をにつめて公表します。 このことは、日本マインドフルネス精神療法協会の「マインドフルネス瞑想療法士」さらに その先の資格の認定の制度により補強されるでしょう。