「自己洞察瞑想療法」の方法(概要)

対人恐怖(視線恐怖)

 対人恐怖症として、赤面恐怖、視線恐怖、表情恐怖、あがり症、などがある。  ここは、「(C)視線恐怖」について述べる。

視線恐怖の症状

 表情恐怖を克服しようとつとめているうちに、<視線恐怖>段階に進展していく。 次のような特徴がある(3)。

治療の基本線

 内沼氏は、治療の基本線として、原点に「人見知り」があり、羞恥があることに注目する(4)。
 どうして治すかというと、内沼氏の治療法が、多様であり、簡単には、要約しにくいが、自己洞察瞑想療法で探求する「自己」「こころ」という点で、次の点が関心を引く。

自己洞察瞑想療法(マインドフルネス心理療法)ではどうして治すか

 視線恐怖が、上記のようなものであるから、注意集中法、不要機能抑制法、徹底受容法などを訓練する自己洞察瞑想療法で、軽減できる人もいる。
 視線恐怖の場合には、自分の心が、他者の視線、自分の視線の加害妄想・被害妄想に向かい、ついで、起きる感情や身体反応に関心がむかう。 そういう対象ではなくて、目前の直接経験(仕事、会話など)への注意集中をする訓練を中心として、自動思考(視線、被害に関する妄想)への抑制法、衝動的な逃避を抑制して徹底して受容している訓練法などで、全般的に、不安への耐性を高める訓練を多くおこなう。たえず心が、もの、こと、症状から離れることを抑制し、離れたら戻る心の功夫を繰り返し実際に行う。マインドフルネス心理療法では、認知傾向の修正ということを論理的に解決するというよりも、反応パターンの修正訓練を重視する。感情、逃避行動を繰り返すという反応パターンではなくて、直接経験に注意集中、自動思考への抑制、つらいことを感じつつも建設的な行動を並行処理するという反応パターンをとるよう日常生活で、訓練する。こういう訓練を重ねると、脳の過敏な部分がおさまり、機能低下している部分が活性化するという脳神経生理的な変化も期待する。

 対人恐怖(視線恐怖も含めて)を軽減・治癒させるための心得は、次のような「自分」「心」を、日常生活の場で観察し、自分の心を実践的に知り、心の用い方を実践的に変えていくのである。    マインドフルネス心理療法の技法の実践をして、このように自分の心の様子を正確に知るようになって、さらに、日常生活で、いつも、次のような注意をしていく。  上記を達成するために、グループ実習に参加して、呼吸法を行い、室内運動(注意集中しながら行う)を行う。早く治癒させるために、グループ実習の時だけでなく、自宅や職場、移動中にできる課題をたくさん実行す。  こうして、「自分」、「心」の様子のありのままが、見えるようになり、見た・聞いた・感じた・思いが起こった事実から、みだりに自動思考にうつすことが少なくなり、誤った心の観念、自分や他者を自分の基準(かたよった観念)でみだりに評価・批判することを止めるようになることによって、不安感情が少なくなったり、あっても対処行動が変わり、自分の現状・心の反応を苦に思うことが少なくなる。
 自己洞察が十分に実践できるようになり、自信がついてきたら、従来の回避状況、回避場面がまだ、残っている場合、やさしいことから、現実場面に出ていく。クライアントが、予期不安を起し、回避する行動・場所があれば、そのクライアントの場合について、「不安階層表」を作り、やさしいものから実行していく。
 予期不安の思考、不安の感情、身体反応が起きても、すぐに逃避せずに、そういうつらい対象を感じつつも、心の一部で呼吸法などを行いながら、(つらいけれど、逃避せずに)なすべき行動(仕事、勉強、目的地に歩き続ける、人にあう)を続ける。
 こうした自己洞察瞑想法によって、治癒した場合には、「自分」「こころ」についての洞察が深まっているので、他の心の病気(うつ病、パニック障害など)にもなりくくなっている。
 このような指導法が向く人と向かない人がいることは言うまでもない。指導のように、実行できれば、3−6カ月くらいで、かなり軽くなるだろう。もちろん、完治までには、症状の深刻さと、本人のやる気と、この方法への適応性で違いが生じる。上に書いたことは、種々の「はからい」を排除する心得である。だが、指導者の指導なしに行うと、ちがった「はからい」をして、うまく行えないかもしれない。自分のことは、よくわからないものだから、自学自習ではよくわからないかもしれない。何回かは、指導者の指導を受けるのがよいであろう。

(注)