特定非営利活動法人
マインドフルネス総合研究所


top
 

*** 本を読んで ***

 

本を読んでご自分の問題解決のために実践される方への情報
 =本に関連の情報を掲載いたします。

(医師、看護師、カウンセラー、支援者の方などは
⇒こちら
をご覧ください。)

『うつ・不安障害を治すマインドフルネス
   ひとりでできる「自己洞察瞑想療法」』佼成出版社
第1刷発行:2013615
2刷発行:2013925
3刷発行:2014810
4刷発行:20151015

5刷発行:2017430

·  この本は、うつ病、非定型うつ病、パニック障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、過食症などの人が マインドフルネス心理療法=自己洞察瞑想療法(SIMT)で、改善するための自習本です。

★うつ病  ★非定型うつ病  ★さまざまな領域のうつ病  ★社交不安障害  ★パニック障害   ★心的外傷後ストレス障害(PTSD)   ★強迫性障害   ★過食症

記録用紙
次の表を印刷してお使いください。 (ご自分の治療のために使う場合。それ以外は著作権法に従ってください。)


◆疑問と回答


◆カウンセラーの支援によりマインドフルネス心理療法(SIMT)を受けられる場所のリスト
 =福岡、大阪、山梨、八王子、奈良県、東京、長野
など
カウンセラーの援助を受けたい方は、(⇒こちらに) (少しずつ増えていきます)

·  マインドフルネス心理療法(SIMT)の手法に番号を付しました。【洞察実践】35個、【洞察を深める実践】が24個あります。 このほか、【メタファー】が多数あります。今回は、本に掲載しませんでした。少し、ここに掲載していきます。
これより深い問題のマインドフルネス心理療法(叡智的自己編)を開発中です。 叡智的自己編の手法を【叡智的実践】とします。


★「愛育ねっと」にブックガイド

本の目次

表紙拡大(クリックすると拡大します)
★佼成出版社


◆自己洞察瞑想療法(SIMT)とはこのような心理療法)

◆治した人たちの体験談・声

◆改善事例のグラフ

 薬物療法を受けても、認知行動療法を受けても治らなかった人が多くなっています。長引いていた人、重症の人でも、このグラフのように、1,2年ほど課題を実践すると治りました。

·  うつ病、不安障害、過食症のほかの問題にも
この本の手法は他の問題にも効果がある可能性があります。専門家の応用を期待いたします。
「他の領域への自己洞察瞑想療法(SIMT)の適用」



◆カウンセラーの育成

  • カウンセラーの育成
     自己洞察瞑想療法(SIMT)でクライエント(患者さん)を支援できるスキルを習得する講座


◆ブログ「マインドフルネス心理療法」
にも情報があります。

◆被災地方面ではもう一度開催できるかどうか検討中です。

◆参考情報